読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

白笹つづみ にごり酒

秦野盆地で明治の世から醸造を続ける日本酒蔵と言えば、「白笹つづみ」の金井酒造店。金井酒造店はモーツァルトの音楽を聴かせながら醸造した日本酒「モーツァルト」の生産者としても有名(なはず)。

洋酒のようなパッケージですが、日本酒
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モーツァルト 吟醸・原酒セット
価格:5562円(税込、送料別) (2017/2/16時点)


 

その金井酒造店は、最近洋菓子を作る秦野のデボンポートという会社とコラボレーションして、美少女キャラクターを使った"萌酒"、「秦野萌酒 白笹鼓 いなり」を作っている。

hadanon.hatenablog.com

白笹稲荷神社初午祭でこの萌酒販売に遭遇

去る2月12日に、関東三大稲荷(ここ重要!)であるところの秦野市の白笹稲荷神社で初午祭が行われた。毎年恒例、この日には神社の境内境外問わず沢山の露店が出るのだが、その中でも特に目立つ、境内参拝者の行列の脇に露店を出していたのが、デボンポートだった。そして、くだんの萌酒の大きな幟も確認。

f:id:hadanon:20170216204522j:plain

萌酒はいまだ呑んだことが無いながら、初午の賑わいにあてられてその場で購入!とはいかず…少し意気地がなかったので金井酒造店季節限定ラインナップである、「白笹つづみ にごり酒」を購入いたしました(笑)。

いや、斯様なチキンハートの言い訳をさせていただくならば、この萌酒パッケージの中身、白笹つづみの"特別本醸造"なわけで、吟醸酒舌の私には少しリスクが高い。とまあ、えり好みして買って帰ったわけですけれど、帰宅後にラベルをよく見たらこのにごり酒もアル添でした(笑)。

f:id:hadanon:20170216211341j:plain

「白笹つづみ にごり酒」の感想

さて、このにごり酒を晩酌で呑んでみた感想。口に含んだ瞬間に強いメロンのような香りが襲い、次に強めの炭酸が舌先に訴える。この2点のみを合わせれば、間違えてメロンソーダに口を付けてしまったかのよう。ただ後ほど追って麹の香りがやってくる。このしっかりとした麹の香りが、日本酒を呑んでいるという実感をもたらす。呑み進め易く、後味にいやらしさは少ない。秦野の水、最高。

心配した醸造アルコールによる不自然さも、気付かない程度だ。吟醸酒のような、酒自体が主役となるような風味のストーリーは無いけれども、食前酒や一杯目としては合格点ではないだろうか。

にごり酒らしく、落ち着いた状態で保存しておくと沈殿物と分離する。まず透明な部分を呑んで、次に容器内で軽く撹拌して呑んで…と試してみたけれど、特に全体的な印象は変わらなかった。どぶろくのような強烈な米汁感は無く、清酒か、あるいは上品なマッコリのような感覚で呑めるだろう。食中酒のその前、アペタイザーとして好適かな。

サンクトガーレン2017バレンタインビール セサミチョコレートスタウト

なんだか毎年レビュー記事を書いているような気がする、厚木市のブルワリーサンクトガーレンのバレンタインビール。毎年4本のラインナップのうちの1本が新顔で、同社がエイプリルフールに出すキワモノビールと同じように意表をついた製法や原材料を使ってくる。

近年サンクトガーレンのバレンタイン限定ビール

2014年の限定バレンタインビールは、ミントチョコレートスタウト。

hadanon.hatenablog.com

2015年は、スモークドチョコレートスタウト。

hadanon.hatenablog.com

 2016年は、ストロベリーチョコレートスタウトだった。他のメーカーがバレンタインのチョコレートビールに参戦し始めたからか、段々と奇抜な方向に寄って来る傾向あり。

hadanon.hatenablog.com

2017年バレンタインの限定ビールは、セサミチョコレートスタウト!

そして今年のバレンタインビール。毎度定番のインペリアルチョコレートスタウト、オレンジチョコレートスタウト、スイートバニラスタウトの3種類に加えて、ごまを原料に加えたセサミチョコレートスタウトが発売されていた!

セサミチョコレートスタウトを含んだ今年のバレンタインビールセット

 

ごまのお酒というと、ごま焼酎というものがかろうじて思い浮かぶくらい。福岡県の紅乙女酒造で作っている紅乙女が比較的手に入り易い。昔一度買って呑んでみたけれども、個人的な感想を言うなら何故紅乙女が販路を広くもてているのか謎なくらい、常飲に適さなそうな味だった。

紅乙女。瓶が特徴的
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅乙女(べにおとめ) 25度 720ml【胡麻焼酎】【02P03Dec16】
価格:1543円(税込、送料別) (2017/2/11時点)


 

どうもごまの油っぽい香りとアルコールがあまり合わないのではないかと思っている。けれども、サンクトガーレンのビールの新顔ということであれば試さずには居られないのだ。

セサミチョコレートスタウト 感想

ということで、オープンセサミと唱えながらセサミチョコレートスタウトの開栓。

f:id:hadanon:20170211104657j:plain

最初の一口は、確かに存在感を感じさせるごまの香りだ(ごまダレのようなマイルドな)。そしてごまの香りが収まってくる頃に、チョコレートモルトの香りが現れる。両者は棲み分けが出来ているので、セサミチョコレートスタウトの名前通りセサミ→チョコレートと香りが推移していく。そして気がつくと6.5%のアルコールがずっしりと身体に効く。

で、このビールの満足度が高いのかというと、ごまビールとしてもチョコレートビールとしても中途半端な感じになってしまい、一発屋の企画ものとして以上の評価は与えられない。そもそもチョコレートスタウト部分が原材料にチョコレートを使っていない、チョコレートの錯覚体験であるのだが、この錯覚をごまの存在が妨げてしまう。同社のインペリアルチョコレートスタウトが見事な錯覚体験であるため、このビールを呑むとインペリアルチョコレートスタウトを呑み直したくなってしまう。これが販売戦略ってヤツなのか。

ミントチョコレートスタウト(2014)を復刻してほしい

はい。ということで、今年の新顔チョコレートビールはいまいち響かなかった。段々とバレンタインビールもキワモノ路線になっていってしまっているため、来年もあまり期待できないのかなと思ってしまう。

2014年のミントチョコレートスタウトが非常にイイ線行っていたと思うので、また復刻されないだろうか、と期待。多分ミントが苦手な人がある程度いたとしても、ごまビールよりはポピュラーな支持を得られると思う。

 

いせはら芸術花火大会が4月15日(土)に開催 ホームページもリニューアル!

伊勢原市の総合運動公園で準定期的に春の宵に開催される市民協賛型の花火大会が、いせはら芸術花火大会である。伊勢原市では自治体主催の花火大会が予算の都合等で終了してしまい、しばらく花火大会の無い期間があったのだが、なんと市在住の花火好き有志が集って市民の募金による花火大会開催にこぎつけて、過去5回もの開催を成功させている。

いせはら芸術花火大会 恒例化まで

当ブログでは、2014年の第4回大会の際に開催情報をキャッチして、紹介エントリや大会の感想などを書いていた。

hadanon.hatenablog.com

hadanon.hatenablog.com

hadanon.hatenablog.com第4回大会の頃は、それまで2009年、2012年、2013年と3回大会を行い、今度は2014年の開催ということで毎年恒例イベントに昇格しつつあるのかなという雰囲気を感じた。実際2015年にも第5回が行われ、花火の打ち上げ玉数も2500発と順調に増加、規模だけを見ると神奈川県の他の自治体花火大会にも勝るものとなっていた。

ただ大会規模が大きくなり定期開催になるにつれ、市民協賛型という性格が見えにくくなってきているとも感じていた。伊勢原市もパンフレット等で自治体を挙げて芸術花火大会をプッシュするようになり、毎年春になれば指をくわえていても見られる観光コンテンツであるかのような認識が広まってしまう可能性があった。それでも、大会が育っていったということはすなわち神奈川の春の花火大会として確実に需要があると判明したことに等しいのだから、いっそ市民協賛を捨ててでも大規模な花火大会に脱皮させるというのも手なのではないだろうか、と傍目ながら思ってみたりもした。

2016年は中止。今年は2年ぶりに開催

というわけで、順当に行けば2016年に第5回大会が開催されたのかもしれないが、2016年は大会が開催されず。トラブル等による中止ではなく、公式声明として運営方法熟慮の為のお休み、すなわち充電期間をとったということだ。

hadanon.hatenablog.com声明の最後に書かれていたように、充電期間の後の2017年大会は実施することが予告されていた。そして先日、2017年第6回大会の日程が4月15日(土)に決定したとアナウンスがあった。神奈川の春の花火万歳である。

運営方法としては、依然市民協賛の形をとるようである。協賛金の出資者が観覧に適したプレミアムエリアで花火を観覧できるという形は変わらないが、今回はプレミアム観覧エリアとして椅子席や、打ち上げ場所により近いサンシャインスタジアム(野球場)の外野席"寝ソベリア"が用意されるという。そしてこうした情報も含めて、充電後におそらく心機一転の意味もあって新設したであろうホームページに記載があった。開催日に向けて情報が追加されていくであろうから、興味があればチェックしてみてほしい。

 

いや、個人的なことだけれども、いせはら芸術花火大会を切っ掛けとして春に行われる花火大会にハマってしまい、中止となった昨年には春の大会が恋しくて愛知県まで出向いてしまったほど。花火は夏という固定観念を捨ててみるのも一興ですことよ。

今週末1月14日(土)は大磯左義長。めちゃくちゃ寒そうだけれども…

小正月の恒例行事、どんど焼き。要は正月飾りのお焚き上げであるのだが、そのどんど焼きのとびきりでっかい規模のものが、大磯左義長である。毎年1月14日周辺の土日を選んで大磯の北浜海岸で行っている行事であるが、実際に見ると日本の民間信仰だという前提を忘れて、盛大な炎の祭儀として愉しめるのである(ドルイドウィッカーマンみたいな)。テンションが上がるのである。

今年の大磯左義長は1月14日(土)。18:30から火入れ

今年はカレンダーの関係で、きっかり1月14日となる今週土曜日に開催される。北浜海岸での火入れは18:30頃からとなっているが、暗くなってセエトや周辺の様子がわからなくなる開始時刻より早めに現地入りして、大磯の下町全体が左義長モードになっている様子を観察するのが実は面白い。

さらに大磯駅前に14:45に集合すると、参加費500円で左義長を訪ねる」ガイドツアーに参加できる。現地の人にとって左義長の主役は激しく燃えるセエトではなく道祖神なのだけれど、道祖神が普段鎮座する場所を巡っていわれなんかを聞くことが出来る。そしてこのガイドツアー、いつのまにか外国人向けの英語ツアーも行われるようになっていたらしく、こちらは参加費1000円となり、大磯駅前への集合時間は14:00となる。詳細は大磯町観光協会の大磯左義長2017ページ下部のPDFをチェックしてみて欲しい。

今週末の寒波。防寒対策はしっかり

毎年恒例大磯左義長の注意点であるけれども、1月の夜の行事なので相応に寒い。海岸で海風が吹きすさぶ中行われるので、できれば厚手のコートと、手袋や耳当てなど身体の露出部を温める装備が望ましい。海岸から少し戻らないと商店も無いので、水筒に温かい飲み物など用意していくと重宝する。

さらに今年は、今週末に寒波の襲来が控えているらしく、神奈川県内でも所によっては雪が降るらしい。さすがに大磯に雪は降らないであろうが、覚悟の行軍をするべきである。

…それにしても、心配になるのは左義長の最後にふんどし一丁で道祖神を神輿に載せ海に入る、ヤンナゴッコをする若者達である。見学の場合実際寒いというだけでなく、めちゃくちゃ寒そうな光景に身体が震えてしまうかも。

エアロプレス the エスプレッソメーカー

ブログを250日ほど放置していて、流石に何か更新をしないと見映えが悪い、死んだと思われると思い至って。おそらく今年最後のエントリを発信しよう。

エアロプレスというエスプレッソメーカーを買いました

はてなブログでブログネタが無いときには、今週のお題というシステムが役に立つ。確か昨年末は「今年買って良かったモノ」というお題が用意されていて、電気ケトルを購入して活用しています!というエントリを書いていた。

hadanon.hatenablog.com今年もこのネタで行こう。2016年中に購入してとても良かったもの。それはエアロプレスという名前の不思議な人力エスプレッソメーカーだ。

エスプレッソメーカーって何をするもの?

家電量販店に足を向けると大抵1コーナーが出来ているエスプレッソメーカー。こいつは勿論、電気ケトルのような生活必需品ではない。

それどころか、コーヒーを毎日飲む人にとってもエスプレッソにして飲む以外多数の選択肢があるため、必需品にはならない。ペーパードリップにしてもよいし、手軽にカフェインを摂取したいということであればインスタントコーヒー、あるいは缶コーヒーを買ってくるのでも良い。

それでもエスプレッソメーカーが欲しくなるのは、エスプレッソにすることでコーヒーがまるで別物のように飲み易いものになるからだ。具体的には、圧力を加えながら抽出を行うことでコーヒー豆の美味さを決める重要な要素、油分をうまくコーヒーの液体中に丸め込める。よく喫茶店やファミレスで頼んだコーヒーの表面に油が浮いていて、食後にスッキリする為に頼んだコーヒーがもたれる、といった経験をすることがないだろうか。エスプレッソの場合旨味の重要な要素である油分を捨てずに、なおかつくどさのない一杯を抽出することができるのだ。

エスプレッソメーカーといえば、大仰な機構のものが多い

でもエスプレッソメーカーの一般的なイメージは、ファミレスやコンビニで見かけるようなスイッチを押すとガガガガガっと動いて蒸気がプシューと飛び出す大掛かりなものだ。家庭内で導入する場合には、電源や設置場所の確保など課題が多く感じる。

おそらく最小型でもマシーンタイプはこのくらい

 

マシーンタイプ以外にも、マキネッタと呼ばれる特徴的な形をした直火にかけるタイプのエスプレッソメーカーもある。少しオシャレに見えるこのタイプはイタリア製。

デザイン重視!手入れは大変

 

一般的にはこのどちらかを持っていれば、この人はエスプレッソを嗜む人なのだとわかる。

エアロプレスは基本部品数僅か3点の簡単な人力エスプレッソメーカー

ただ、エスプレッソ好きにとって気になるのは、大仰なエスプレッソメーカーを買っても手入れに失敗するとそのうち雑味が混ざるようになるのではないかということ。そもそも微妙な味わいの違いを愉しむ為にエスプレッソメーカーを買おうとしているのだから、手入れが悪くて雑味が混ざってしまうようになると果てしなく気になってしまう。

そこで丸洗いできて簡単な機構のエスプレッソメーカー、エアロプレスをオススメしたい。基本部品がわずか3点。円形の使い捨てペーパーフィルターをセットするキャップと、キャップをはめる筒、そして筒内にスッポリはまるサイズながらゴムパッキンで空気の逃げ道を塞ぎながらギューっと圧力を加えることのできる中筒。これだけで本格的なエスプレッソができてしまうのだから、エスプレッソに対する面倒なイメージも吹き飛んでしまうことだろう。

 

見た目のとおり、人力で上からプレスします

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AERO PRESS エアロプレス 寿屋ブレンド200g付き【20P03Dec16】
価格:4158円(税込、送料別) (2016/12/31時点)


 

ただ、人間とは不思議なものでそれまで面倒臭い手順を踏んで作っていたものに急にシンプルな回答が用意されると、出来上がったものは本格的ではないまがい物になるのではないだろうか?と疑ってしまう。エアロプレスについても、このマシーンを開発したのがプラスチック製フリスビーを作っていた米エアロビー社であったこともあり、2005年の登場時には懐疑的な反応が多かったという。

ただ、徐々にエアロプレスがバリスタ達の実証によって好意的に受け止められるようになり、中には他のエスプレッソメーカーよりも勝った抽出法であるとの評価も出てくるなど、エスプレッソの抽出法として一躍メジャーになるに至った。サードウェーブ系のカフェでも客にコーヒーの抽出法としてエアロプレスを選ばせてくれる所もある。そもそも20世紀始めにイタリアで最初に登場したエスプレッソマシーンが人力式であった事を考えると、複雑な機構を持たない人力式マシーンエアロプレスの流行は原点回帰運動のひとつではないか、という気もしてくる。

というわけで2016年買って良かったモノは、手軽に本格的エスプレッソが愉しめるエアロプレス。上記の楽天リンク先である、寿屋珈琲 [kotobukiya]さんから購入したため、おまけで希望の香りというオリジナルブレンド200gもついてきて、このブレンドも掛け値無く非常に良かった。

f:id:hadanon:20161231142242j:plain

エスプレッソマシーンを購入し段々面倒臭くなって使わなくなる手痛い失敗をしたことがある人も、是非このシンプルイズベストのエスプレッソメーカーを試してみて欲しい。目から鱗です。

 

鶴巻温泉の温泉スタンドで自家製温泉卵を作ってみる

秦野市内にある鶴巻温泉が、温泉地であることのアピールのために無料足湯と無料温泉スタンドを設置したというニュースは先日お伝えしたとおりである。特に温泉スタンドの方は、通勤路線である小田急線の駅からそう遠くないポイントで、温泉を汲んで自宅に持ち帰れるという画期的なシステム。今後大ブレークする可能性を秘めていると勝手に思っている。

hadanon.hatenablog.com

自家製温泉卵を作ってみよう

この温泉スタンドが何かに活用できないか、考えてみて思いついたのが自家製温泉卵の作製。まあ、汲んできた温泉水を使ってゆで卵を作るだけなのだが、本来は観光地に行かないと目にすることのない温泉卵を自宅で作って優越感に浸りたい、ということで行動に移してみた。

鶴巻温泉温泉スタンドは見た目がただの蛇口で、足湯の営業時間(10:00〜17:00)に一人あたり4リットルまでの持ち帰りが許されている。どうやら営業時間が過ぎたら即座に使用不能になるという別段の仕組みが用意されているわけではないようで、19:00くらいに行って蛇口をひねっても、温泉水が出た。つまり、サラリーマンが平日帰宅ついでに温泉を汲んでいくという利用もできそうである。ただ、4リットルペットボトルを抱えて小田急線に乗るのは憚られたので、控え目に2リットル程を確保、帰宅次第制作に取り掛かった。

f:id:hadanon:20160426200752j:plain

まあ、茹で上がってみれば普通のゆで卵である。一応温泉スタンドの注意書きとして飲用泉ではないとあったので、茹でた後入念に洗って食卓に並べた。皮を剥いて匂いを嗅いでみると、温泉卵らしく硫黄っぽい匂いが。けれども、もしかしたら硫黄によく似た卵自体の匂いかもしれない(笑)。まあ、雰囲気雰囲気。

ということで、鶴巻温泉温泉スタンドを使えば一応簡単に温泉卵が作れる。今回は湯を沸騰させてハードボイルドにしたけれども、65℃以下の温度でじっくり加温すれば半熟温泉卵になってよりそれらしきものになるかもしれない。

 

春鹿 超辛口純米酒 食中酒に求めるもの全てがここにあったり

秦野ブログだけれども、たまにお酒のことについても語る。なにしろ以前山口県のお酒『日下無双』について語ったエントリが地味にアクセス数を稼ぎ続けていたりで、そうしたデータを見るにこのブログの読者が必ずしもガッチガチの神奈川県民だけではないのでは、神奈川県(&秦野市)ローカルネタを求めていないんじゃないかという気もしてきたからだ。

hadanon.hatenablog.com

まあ、更新ネタに困った場合にスペーサーみたいな形で趣味・趣向について語ってみよう。

奈良県今西清兵衛商店の銘柄『春鹿

日本酒が好きなもので、酒販店でとにかく聞いたことの無い銘柄に出会うと、気になって(いろいろと評判など調べた上で)お買い上げしてしまう。購入前の下調べが慎重すぎて、タイミングを逃してしまうことも多々あるのだが、最近はWEB上のどういった評判がマーケティングのための美辞麗句で、どういった評判が真にうまい酒の情報の共有なのか、ということを判別できるようになってきた。

それで、情報をある程度吟味した上でこれは"当たり"なんじゃないかと思ったもの。大吟醸クラスではなく、日常酒として呑めて、かつアル添ではないものをひとつ購入した。それが奈良県の『春鹿』という酒の超辛口純米酒。このお酒は呑んでみて期待以上のものがあったので、この場末ブログでも是非推奨をさせていただこうと思った。

"超辛口"の看板を裏切って呑み易い。そして清澄。

ラベルは"超辛口"となっており、一見するとキワモノポジションのラインナップなのではないかと思える。日本酒度+12という数字も、カタログ上で異彩を放つ。その一方、奈良県内の土産物屋では180mlの小瓶をよく見かけたりするので、まあ手に入れ易さからみて大したお酒ではないのではないかとも侮ってしまう。

春鹿』超辛口 まあ奈良らしい名前です

 

ところがこのお酒、呑んでみると意外と吞ん兵衛の嗜好の正道を突いてくる。吟醸酒舌がたまに呑みたい、アッサリとした食中酒だけれども、ふくよかに香ってくれて不満足をもたらさない、そんな理想的な酒であったりするのだ。

食中酒として重要な点、まず食欲を促す。このお酒はそれだけでグビグビとやることもできるが、胃を活性化させて何か食事も採りたくなるような気にさせる。メタボに悩む酒飲みには都合の悪い効果であるが、私はこのお酒を冷酒で呑んで、白湯をアテにしても良いのではないかと思いついて試した。実際にそれで随分愉しめたのだが、何か料理をアテにするのならば、鶏粥なんかが合うのではないかと思う。

そして、後味に雑味が見当たらないのも素晴らしい。余程良い仕込み水を使っているのだろうと思われる。どうも春鹿醸造している今西清兵衛商店という蔵は、春日大社の神官として昔から酒造りを続け、明治の世になって酒蔵として独立したらしい。仕込み水は奈良県内では珍しい硬水ということで、超辛口を謳っているのも、奈良県の日本酒の傾向の中では極めて辛口寄りに位置する、ということなのかもしれない。辛口の看板でありながら、優しさを感じる。

ということで、食中酒の第一候補としてこの春鹿超辛口を記憶しておこうと思った次第。飲食店でもこの銘柄をラインナップとして採用すれば、食欲増進効果からきっと料理の売れ行きも上がる…はず。