読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

国府津〜小田原間から北に並走する3線について

小田急線 御殿場線 鉄道

小田急線のバイパスについて論じた際に、新松田小田原間の必要性について疑問を呈したわけだけれど、この区間に並走するように、海沿いから北上する路線があと2つあるのだよ。

 

一つは、国府津から松田までのJR御殿場線。元東海道線だね。松田まではとりあえず直線で最短距離をとっているので、無駄が無い。ただ、御殿場線ということでスピードは期待しない方が良い。

 

もう一つは、伊豆箱根鉄道大雄山線。小田原在住でない人間には何それ?って言われるだろう知名度の低さ。というか、まず大雄山って何?ということになる。

 

かいつまんで言えば、グルメ評論家のでっかいやつだ。

 

そして、小田急小田原線。まあこの区間の移動をしようと思えば、こいつが本命でしょう。

 

それぞれの運賃についてくらべてみると、大雄山線が小田原から終点の大雄山まで270円。御殿場線国府津と松田間230円。小田急小田原線は小田原と新松田間で210円と、一番安い。

 

3つ並走している区間だから、1本くらい廃線になっても誰も困らないと思うのだけどね。

小田急が小田原への接続を捨てることはあり得ないので、廃線になるとしたら御殿場線国府津松田間だろうか。

 

でもそうすると、ますます小田急は秦野盆地をスルーしたバイパスを作った方が良いように思える。もし小田急新松田駅が営業停止になったら、御殿場線の位置づけがなくなり、単なるJRの負担になるだろうから。

 

その辺は持ちつ持たれつなのかもしれない。なんで小田急線がわざわざ秦野盆地を通っているのか、ますます気になってきたよ。

 

 

広告を非表示にする