読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

藤沢市単体での政令指定都市化の可能性は?

神奈川県 藤沢市 湘南

頓挫することの多い湘南市構想平塚市茅ヶ崎市、高座郡寒川町、藤沢市あたりが合併して政令指定都市の必要要件である人口50万人をクリアし、政令指定都市湘南市を立ち上げようとする試みだけれど、どうも足並みが揃わない。その前に高座郡寒川町が市制施行要件である人口5万人をクリアしてしまい、単独で湘南市の名称を名乗ってしまうのではないかという危惧すらある。

また、もう一つ政令指定都市湘南市の懸念点として、藤沢市が単独で人口50万人をクリアし、政令指定都市化してしまうのではないかというものがある。現在の藤沢市の人口は40万人程で、30万人を突破したのが1980年頃なので、単純計算でいくと2050年頃に50万人を超えるだろうか。

2050年とは気の長い話だが、ウルトラCとして周辺自治体から市域を割譲してもらい、市域拡大により50万人を目指すことも出来る。藤沢市は接している自治体が多く、そのうち横浜市から奪うのは難しいとしても、綾瀬、海老名、鎌倉、茅ヶ崎、大和、寒川町と選択肢はよりどりみどりである。

藤沢市が県央に市域を拡大した場合、湘南という括りではなく、片瀬川・引地川流域とか小田急江の島線沿線とかを合併根拠とした自治体になるだろうか。

まあ、藤沢市の本音としては茅ヶ崎市と寒川町を飲み込んで政令指定都市藤沢市になりたいに違いない。そうすれば市域も分かりやすくなるしねぇ。

広告を非表示にする