秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

はだのじばさんず 秦野市地場産物の販売センター

地方に遠出をするとよく見かける、地場産物の販売センター。都会人の認識としては、旅行先の地場産の土産物や野菜を、お手頃な価格で手に入れられる場所というものだろう。

けれども、本当にその土地に住んでいる人間の認識としては、流通に乗せにくいあまり質の高くないものを、有り難がって買ってくれる都会人に結構な値段で売りつける場所だ。実際、販売センターを出て周辺の店を探せば、もっと良い地場産物が適正な値段で売られていることに気付くだろう。

 

そんな前振りから紹介するのは多少気が引けるが、秦野市にも大きな地場産物販売センターがある。「はだのじばさんず」だ。

f:id:hadanon:20140212042326j:plain

「はだのじばさんず」は、こういった店の例に漏れず、国道246号沿いのアクセスの良い場所にある。売り場面積が県内最大規模らしく、店に入るとそのスペースの大きさと、スタッフの人数に驚くかもしれない。

これだけ大きな面積の店舗で売る程の、秦野産の物産がよくあるものだと感動するかもしれないが、実は売られている物をよく見ると、必ずしも秦野産でない物も混じっている。ちゃんと表記はされているので別に騙しているわけではないが、県外の産物も多い。

先程述べた通り、流通に乗らない傷物の野菜などを売り物にしていたり、採れたてを表現するために土のついたままの野菜を並べていたりで、売り場全体に悪臭が漂っていたりする。おそらくそういったところに気を回さなくても、国道246号を走ってきた都会人が入れ食い状態なのだろう。店の見た目は綺麗だしね。

なんというか、地域外の人間を釣り上げる目的の施設に住民目線で意見してもしょうがないけど、もう少し行き届いていて欲しい。他の自治体でもこうなのか。うーん。

広告を非表示にする