秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

国産紅茶「和紅茶」の試み 秦野市ではわさびや茶園が製造

オリーブサフランパン用の小麦古代小麦であったり。日本人はとにかく舶来の栽培植物や加工品を、国内でも製造できるように工夫することが好きであるようだ。

国産の紅茶「和紅茶」

西洋の代表的な嗜好品である紅茶についても、その文化が入り始めて間もない明治14年には国産紅茶(和紅茶)の製造が始まり、輸出品目となっていた。しかしながら、のちに価格競争に破れたため、昭和の頃には和紅茶の製造は廃れてしまった。

「和紅茶」というジャンルへの入門書

現在においては、そうした和紅茶をあえて製造して地域の特産物とする動きが、全国に存在する。総生産量は少なく、紅茶の製造のみで成り立っている地域というものは無いが、その少量生産の紅茶が世界的な品評会で高評価を得るケースもあるようだ。和紅茶の産地は、有名な緑茶産地と大体重なっている。緑茶の産地として思いつく地名があるならば、そこで同時に和紅茶の生産も行っていないか調べてみるとよい。

秦野市で製造される和紅茶

秦野市も、あまり知られていないが緑茶の産地である。そして、和紅茶を製造している生産者が、市内に1軒だけ存在するらしい。それがわさびや茶園という生産者で、秦野市の菩提で生産を行っている。

ゴッド・オブ・マウンテン

茶畑の真ん中に祀られた山の神にちなんで、ゴッド・オブ・マウンテンと名付けられたこの和紅茶(紹介した商品はティーバック)は、秦野市観光協会推奨品となっている。同じく観光協会推奨品となっている丹沢おろしアンドリアンの洋菓子など、お茶請けの相手は沢山ありそうである。秦野の意外な名物を是非体験してみてほしい。

広告を非表示にする