読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

明治プロビオ LG21 低脂肪

ヨーグルト

たまに思い出したようにブログに復帰する時は、ヨーグルトの話題が多めです(笑)。

花粉症を発症しているというのも、ヨーグルトに飛びついた理由の一つかもしれない。ヨーグルトと花粉症の関係については、昨年別のヨーグルトのレビューをしたときに書いていたけれども、ヨーグルトが腸内環境を改善する→免疫細胞のバランスが保たれる("免疫力が高まる"ではないことに注目。免疫力が高まってしまうのであれば、アレルギーには逆効果な売り文句だ)→免疫バランスの崩れから生じる花粉症が抑制されるという論法で、花粉症対策としてのヨーグルトという商品ができあがる。つまり、無理矢理なこじつけ。バランスという単語を意図して多義的に使ってのけているわけだ。

そうはいっても、刷り込みとは怖いもので、花粉症の季節というキャッチフレーズが連呼されると、自動的にヨーグルトが食べたくなってしまう。自分にとっては、花粉症の症状のひとつ。

明治プロビオの低脂肪はさっぱりと甘みが両立

今回レビューするヨーグルト、明治プロビオというブランドは、コンビニなどでよく見かける小さいカップヨーグルトと、容器が特徴的な飲むヨーグルトがある。パッケージには大きな字でLG21と書かれている。

プロビオ カップヨーグルト
プロビオ ドリンクタイプ

その低脂肪版は、パッケージの色が浅葱色っぽくなっている。

プロビオ ドリンクタイプ

この低脂肪ヨーグルトを食べた感想を。ヨーグルトを低脂肪にすることでありがちな、酸味が目立つようになってしまう現象、口当たりが悪くなってしまう用な現象が抑制されており、低脂肪と指摘されないと気付かないような味になっている。さすが明治。

そして、低脂肪でないバージョンには加えられていた人工甘味料ステビア)が、この低脂肪ヨーグルトの場合加えられていない。自然な甘みを感じるのはそのせいだろうか。

さっぱりと甘みが両立していて、普段食べている低脂肪でないヨーグルトを置き換え得る存在である。後味に牛乳っぽい香りが少し残るのは、カップヨーグルトを食べる層にとって好みが分かれるところであろうけれど。

広告を非表示にする