秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

3月28日(土)よりあつぎ飯山桜まつり

厚木市は実は温泉施設を多く抱える自治体である。市内に、厚木七沢温泉、厚木飯山温泉という大まかな括りで2箇所の温泉地があり、都心方面や神奈川県東部からのアクセスの良さもあって、観光コンテンツとして潜在的な力を秘めている。

ただ、いかんせん知名度が低い。都心や神奈川県東部の人のイメージでは、温泉とは伊豆・箱根まで行かなければ無いものであろう。箱根までの通過点として有名な秦野市鶴巻温泉と同じく、あえて温泉保養の目的地に選ぶ数寄者は数少ないのである。

あつぎ飯山桜まつりは芸妓衆が始めた祭

厚木市は、そうした現状を打開して、温泉のある自治体というイメージをPRしようと、様々な試みを行っている。以前紹介した厚木温泉パラダイス温泉手形もその一つ。そして、この季節になると色々な自治体が広報する花見のお祭りであるが、その厚木市版の目玉として飯山温泉で行われる桜まつりをプッシュしているのである。

あつぎ飯山桜まつりは、今年で51回目を迎える桜まつり。昭和49年より始まったこのお祭りの成り立ちは、厚木市最大のまつりである鮎まつりと同じく、往時の花柳界の遊びに端を発するものである。元々水運・陸運の結節点として重要な役割を担っていた厚木であるが、東海道線の開通などによりその重要性を失っていくことになる。それに対して、相模川の鮎漁を始めとした川遊びを街の目玉に置いて、厚木の街は二度目の発展を迎えた。

そうして厚木の街には花柳界が栄えたが、ダムによる相模川のせき止めなどにより鮎漁も衰退し、現在その伝統を伝えるのは、奥座敷にあたる飯山温泉の旅館のみとなっている。飯山温泉には芸妓組合があって、旅館の宿泊者は現在でも座敷に芸妓を呼び、芸を楽しむことが出来る。

飯山温泉にかつて芸妓を誘致したという元湯旅館

あつぎ飯山桜まつりのプログラム

このように、厚木の街の華やかな時代と縁深い飯山桜まつりであるが、プログラムなどを見ると、市民参加ステージやダンスコンテストなど一般的な市民桜まつりとそう違わないように見える。会場の飯山白山森林公園 桜の広場が祭モードになっている期間は3月28日(土)〜4月5日(日)の間であるが、期間中の週末に各種の出し物が予定されている。

3月28日(土)
時刻プログラム名
10:00 小鮎中学校吹奏楽部演奏会
10:30 市民参加ステージ(桜のステージ)
14:00 市民参加ステージ(桜のステージ)
18:00 飯山白龍太鼓と白龍の舞
3月29日(日)
時刻プログラム名
10:00 ダンスコンテスト(ジュニアの部)
13:10 式典、市制60周年記念植樹式
14:00 コンテスト結果発表(ジュニアの部)
14:30 ダンスコンテスト(一般の部)
16:30 飯山白龍太鼓
17:00 コンテスト結果発表(一般の部)
上記プログラムに加えて、11:00〜15:00の間に野点が行われる。
4月4日(土)
時刻プログラム名
10:00 市民参加ステージ(桜のステージ)
13:30 あつぎ太鼓まつり
16:30 飯山白龍太鼓
上記プログラムに加えて、10:30〜12:30の間にトレイルチャレンジ・スプリントが行われる。
4月5日(日)
時刻プログラム名
10:00 日枝太鼓・白龍の舞
10:30〜12:00 さくら輿・飯山花音頭パレード
12:30 文化琴
14:30 飯山白龍太鼓
15:30 お楽しみ抽選会
上記プログラムに加えて、11:00〜15:00の間に野点が行われる。

プログラムの内、女性によって担がれる神輿"さくら輿"というものは、かつて芸妓衆によって担がれたことに端を発する神輿であるそう。さくら輿にかつての厚木の栄華を垣間見ることが出来るだろうか。温泉の泉質とともに、期待しつつ足を運んでみたい。

広告を非表示にする