読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

8月4日(火)横浜で開催 神奈川新聞花火大会

横浜市 神奈川県

花火大会に行き過ぎて、とうとう幻聴が聞こえるまでになりそう。そんな湘南住み特有の嬉しい悩みを抱えているが、今回の話もまた花火である。

神奈川新聞花火大会は神奈川県最多の15000発

8月1日の小田原酒匂川花火大会を紹介するエントリで書いたように、神奈川県の花火大会の打ち上げ数は軒並み数千発を超えて、しかもインフレが起こり続けている。そんな神奈川県内でも最も玉数が多い大会が、神奈川のドンである横浜で行われる神奈川新聞花火大会で、打ち上げ数は15000発にのぼり、また打ち上げペースは200発/分にもなる。

神奈川新聞花火大会の日程・鑑賞可能エリア

打ち上げ時刻は8月4日(火)の19:00〜20:15。東京湾の海上から打ち上げられる花火は、取り囲むように突き出ている埠頭から見ることが出来る。ただし重要な場所は有料席または観覧禁止エリアとなっており、山ノ内埠頭・パシフィコ横浜周辺が観覧禁止、臨港パークの最前列以外ならびにカップヌードルミュージアム周辺が有料観覧エリアとなっている。

一方で、打ち上げ場所から少し離れた赤レンガ倉庫周辺や、マリノスタウンの裏側からポートサイド公園にかけてが花火の一般観覧場所となっており、こちらは当日無料で鑑賞できる。ただし、場所取り等が大花火大会にふさわしくシビアであるようだ。また、目玉の音楽同期型のスターマイン(『スカイシンフォニーインYOKOHAMA』総演時間なんと20分!)を製作側の意図通り楽しめるかどうかは微妙。当日有料席も大人は2600円だが、子供(小・中学生)は500円なので、家族連れの場合には検討の余地ありではないだろうか。

 

広告を非表示にする