読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

サンクトガーレン2017バレンタインビール セサミチョコレートスタウト

なんだか毎年レビュー記事を書いているような気がする、厚木市のブルワリーサンクトガーレンのバレンタインビール。毎年4本のラインナップのうちの1本が新顔で、同社がエイプリルフールに出すキワモノビールと同じように意表をついた製法や原材料を使ってくる。

近年サンクトガーレンのバレンタイン限定ビール

2014年の限定バレンタインビールは、ミントチョコレートスタウト。

hadanon.hatenablog.com

2015年は、スモークドチョコレートスタウト。

hadanon.hatenablog.com

 2016年は、ストロベリーチョコレートスタウトだった。他のメーカーがバレンタインのチョコレートビールに参戦し始めたからか、段々と奇抜な方向に寄って来る傾向あり。

hadanon.hatenablog.com

2017年バレンタインの限定ビールは、セサミチョコレートスタウト!

そして今年のバレンタインビール。毎度定番のインペリアルチョコレートスタウト、オレンジチョコレートスタウト、スイートバニラスタウトの3種類に加えて、ごまを原料に加えたセサミチョコレートスタウトが発売されていた!

セサミチョコレートスタウトを含んだ今年のバレンタインビールセット

 

ごまのお酒というと、ごま焼酎というものがかろうじて思い浮かぶくらい。福岡県の紅乙女酒造で作っている紅乙女が比較的手に入り易い。昔一度買って呑んでみたけれども、個人的な感想を言うなら何故紅乙女が販路を広くもてているのか謎なくらい、常飲に適さなそうな味だった。

紅乙女。瓶が特徴的
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅乙女(べにおとめ) 25度 720ml【胡麻焼酎】【02P03Dec16】
価格:1543円(税込、送料別) (2017/2/11時点)


 

どうもごまの油っぽい香りとアルコールがあまり合わないのではないかと思っている。けれども、サンクトガーレンのビールの新顔ということであれば試さずには居られないのだ。

セサミチョコレートスタウト 感想

ということで、オープンセサミと唱えながらセサミチョコレートスタウトの開栓。

f:id:hadanon:20170211104657j:plain

最初の一口は、確かに存在感を感じさせるごまの香りだ(ごまダレのようなマイルドな)。そしてごまの香りが収まってくる頃に、チョコレートモルトの香りが現れる。両者は棲み分けが出来ているので、セサミチョコレートスタウトの名前通りセサミ→チョコレートと香りが推移していく。そして気がつくと6.5%のアルコールがずっしりと身体に効く。

で、このビールの満足度が高いのかというと、ごまビールとしてもチョコレートビールとしても中途半端な感じになってしまい、一発屋の企画ものとして以上の評価は与えられない。そもそもチョコレートスタウト部分が原材料にチョコレートを使っていない、チョコレートの錯覚体験であるのだが、この錯覚をごまの存在が妨げてしまう。同社のインペリアルチョコレートスタウトが見事な錯覚体験であるため、このビールを呑むとインペリアルチョコレートスタウトを呑み直したくなってしまう。これが販売戦略ってヤツなのか。

ミントチョコレートスタウト(2014)を復刻してほしい

はい。ということで、今年の新顔チョコレートビールはいまいち響かなかった。段々とバレンタインビールもキワモノ路線になっていってしまっているため、来年もあまり期待できないのかなと思ってしまう。

2014年のミントチョコレートスタウトが非常にイイ線行っていたと思うので、また復刻されないだろうか、と期待。多分ミントが苦手な人がある程度いたとしても、ごまビールよりはポピュラーな支持を得られると思う。

 

広告を非表示にする