読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

大山とうふまつり セントパトリックスデーに絡めた行事にならないものか

伊勢原市 大山 大山阿夫利神社

毎年3月になると、大山阿夫利神社の第2駐車場で行われる大山とうふまつり。仙人鍋と呼ばれる巨大な鍋で湯豆腐を作って、参加者に無料でふるまうというお祭りなのだが、今年でもう27回目の開催になるという。

hadanon.hatenablog.com

今年のとうふまつりは3月18日(土)・3月19日(日)開催

スケジュールは、3月中頃の土日に2日間開催で、土曜は10:00〜16:00、日曜は10:00〜15:00の間にやっている。開催時間中にずっと大鍋を火にかけておくというわけでなく、豆腐投入のタイミングは1日2回で、売り切れれば配布終了。それ以外の時間は椀子豆腐早喰い大会などをやっている。このイベント自体を目的とするよりは、大山阿夫利神社への参拝ついでに湯豆腐を御馳走になる、といった楽しみ方の方が適当かもしれない。

3月17日(金)はセントパトリックスデー

例年この大山とうふまつりを紹介していて全く気付かなかったのだが、毎年の3月17日はセントパトリックスデーという、アイルランドキリスト教聖人をまつるお祭りとなる。アメリカやらオーストラリアやらアイルランド系移民の影響が強い国では、この日を祝う為に街をアイルランドのシンボルカラーである緑色にライトアップしたり、川を緑色に染めたりと、とにかく緑の色で盛大に祝うイベントをやっている。日本でも、表参道や横浜ではひとむかし前からパレードが行われているらしい。

大山菜で鍋が緑の色に染まる!

それで、大山とうふまつりの話なのだけれど、仙人鍋の湯豆腐はなにも豆腐だけで供されるわけではなく、大山菜と呼ばれる大山名産の菜っ葉を入れて一緒にふるまわれる。この大山菜が鍋に投入されるタイミングでは、大きな鍋の中が真緑になるのである。真緑、つまり見方によってはセントパトリックスデーに便乗したイベントにすることができるだろう。日付が近いし。観光でやって来る外国人向けのアピールになるぞ。

なにしろ現状では、豆腐を食べて早喰い大会を見て、とちょっとコンテンツ力が弱いと思っているのだ。これにアイリッシュ楽団を呼んで、緑色のビールを振る舞うビアガーデンを併設してとなれば、若年層にも面白いイベントに化けるかもしれない。阿夫利神社の神域では都合が悪いということであれば、伊勢原の市街を巻き込んでとうふ&パトリックまつりとかにして。いかがでしょう?

広告を非表示にする