秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

『竹灯篭の夕べ』イベント 日本中に多過ぎである

5月のゴールデンウィークも終わってしまうと、いよいよ各地の夏めいたイベントが多くなってくる。足柄上郡中井町厳島湿生公園で行われる『竹灯篭の夕べ』は、運が良ければ日没後に発光するホタルも見られる実に夏らしいイベントであるが、今年の開催日が5月27日(土)に決定したということで、中井町でもそろそろ準備の方が始まっているのではないかと想像するのである。

hadanon.hatenablog.com

厚木市愛甲の宮前公園でも『竹灯籠の夕べ』が

そんな中井町の『竹灯篭の夕べ』情報を検索しようとググってみると、ローカル検索の影響で厚木市愛甲の宮前公園で12月に行われる『竹灯籠の夕べ』イベントも結果に出てくる。微妙にイベント名の"竹灯籠"の漢字が異なるのだが、主に輪切りにした竹に蝋燭を立てて並べて飾り付けるという概要は同じである。今年2017年に行われれば11回目ということになるから、今年が12回目の中井町の竹灯篭から派生したイベントであると考えればよいかと、それほど心に引っかかるものはなかった。

調べてみると全国に多数ある『竹灯篭の夕べ』

それが調べてみると、この『竹灯篭の夕べ』という名称のイベントはどうも全国いたるところで行われているようなのである。イベント内容が被るのは仕方が無いのであるが、名称も揃って『竹灯篭の夕べ』。まるでこういったイベントを表す一般名詞のようになっている。

以下、検索して見つかった全国の『竹灯篭の夕べ』を列挙する。

神奈川県足柄上郡中井町『竹灯篭の夕べ』
西湘では言わずと知れた。2006年に第一回が開催された。
神奈川県厚木市『竹灯籠の夕べ』
南毛利南地区地域づくり推進委員会のふるさとづくり推進部会が主催。竹以外の灯籠も多く使用。
愛媛県宇和島市の日本庭園『南楽園』の『竹灯篭の夕べ』
南楽園花菖蒲まつり(5月〜6月)の一部として行われる。
千葉県我孫子市『旧村川別荘』の『竹灯篭の夕べ』
毎年10月初旬の土日に行われる。
千葉県富津市の『竹灯篭の夕べ』
毎年8月、含富里という集落に1000本の竹灯篭を並べるという。2011年開始。
千葉県習志野市津田沼一丁目公園の『竹灯篭と舞の夕べ』
9月に開催。おわら風の盆の舞と一緒になったイベントなので、『竹灯篭と舞の夕べ』。
鹿児島県鹿児島市郡山町の『竹とうろうの夕べ』
5月に行われる郡山春まつりというイベントの一部分。"郡山"で"こいやま"と読むらしい。

他にもまだまだ一杯ありそうである。揃いも揃って夕べなのは、時間帯的なものもあるだろうけれど、一体何なのだろう。竹灯篭まつりとかでは駄目なのか。疑問が生じる。

『竹灯篭の夕べ』の初出と、全国で行われる理由を考える

この『竹灯篭の夕べ』。最も開催回数が多そうなのは中井町のものなので、そのイベントを初出として、他の自治体に段々と広まっていったと考えるべきだろうか。そこでGoogle検索に期間指定をして初出の『竹灯篭の夕べ』イベントについての記述を調べてみると、2002年に神奈川県小田原市板橋で行われた『竹灯籠の夕べ』の様子を伝える"竹再生プロジェクト"という団体のページがヒットした。小田原市中井町ということでそれほど遠くなく、もしかしたら繋がりがあるイベントで、小田原市のものがオリジナルにあたるのかもしれない。

全国でこの類似名称の『竹灯篭の夕べ』が行われる理由は、どうも各地におけるこのイベントの主催者を見るとNPOが多いため、助成金を貰う根拠として活動実績が必要になり、その中でこの『竹灯篭の夕べ』というのはイベント内容の具体像が浮かび易く、申請する段においては一般名詞的効力をもっているのではないか、と推測する(あくまで推測である)。

あるいは、もっと裏のカラクリが存在していたりするのだろうか。『竹灯篭の夕べ』という名称にすると、竹薮から数億円の現金が出てくるとか、そういう感じの。そんな上手いカラクリをご存知の方は、是非情報提供ください。秦野でも開催します。

広告を非表示にする