秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

第70回秦野たばこ祭 記念すべき開催回は例年よりもダイナミックに

毎年9月に行われる、秦野市最大の祭が秦野たばこ祭だ。

秦野たばこ祭を真面目に説明し直します

秦野たばこ祭という名称はかつて秦野盆地でたばこの栽培が盛んであった頃につけられたもので、昭和59年に秦野市でのたばこ栽培が終わって以降、最早有名無実のものと化している。祭の内容的にはパレードやらヒーローショーやら様々な出し物の集合体であり、シケモクの一本すら出てこないわけだが、全体的な傾向として"火"を使った催し物が多い。そしてそれらはたばこを愉しむ際の火をつけるという行為を模してでっちあげられた行事というよりは、たとえばひゃくはったい(瓜生野下大槻)であったり、たとえば健速神社の"おおや"であったりと伝統的な火祭りの延長線上とも言えるものなのである。

うん、ちゃんと説明が出来た気がする。第70回秦野たばこ祭の開催日が近付いてきて、当ブログにも関連キーワードでのアクセスが増えてきたのだが、訪問者が全て下記のエイプリルフールエントリに吸い取られていて危機感と申し訳なさを感じていたのだ。

hadanon.hatenablog.com

訪問者は目的情報を得ることが出来ず、当ブログは訪問者の平均滞在時間が減少してSEO的に下手を踏む。誰も得をしない悪循環をどうにか断ち切りたかったのだ。

第70回秦野たばこ祭催し物は例年とここが違う!

今年の開催が記念すべき第70回となるたばこ祭。開催日は9月23日(土・祝)と9月24日(日)の2日間日程となる。例年通り火を使ったパフォーマンスのジャンボ火起こし綱引きコンテスト(23日16:30〜 本町小学校)、花鳥風月(23日19:30〜 本町小学校)、弘法の火祭(24日19:00〜 本町小学校→水無川)あたりは見所であるのだが、それに加えて第70回記念で目新しい催し物がいくつかタイムスケジュールに差し挟まれている。

映画『じんじん〜其の二〜』公開記念イベント

山田大樹監督、大地康雄主演の映画『じんじん』は、北海道に実在する"絵本の里"剣淵町を舞台として2013年に公開された作品であるが、その続編として『じんじん〜其の二〜』という作品が制作され、今月より上映が始まっている(近場であれば、イオンシネマの海老名・茅ヶ崎が上映館)。

この作品の舞台となったのが秦野市ということで、観光協会がプッシュしていたり、先行上映会イベントを市内で行ったりと様々にPRを行っている。そして今回のたばこ祭りでも、タイアップイベントとして出演キャストの方々を呼んで祭に参加していただいているのだ。まずオープニングパレード(23日12:10〜 本町小学校→目抜き通り)に始まり、『じんじん〜其の二〜』ダイジェスト版・メイキング映像の上映&トークショー(23日18:30〜 秦野市役所西庁舎)など。

スプラッシュタイム〜感じる秦野名水〜

名水百選総選挙1位に味をしめた秦野市の、とことんまで名水のキャッチフレーズを使い回すぞという意気込みを感じるイベントである。真夏には名水を冠した水鉄砲大会をやってたね。内容的には水を使ったダンスとトークショーということらしい。このままたばこ栽培のイメージが薄れて名水のイメージが伸びれば、将来のたばこ祭りは水の催し物ばかりのイベントになるかも。本町小学校で15:20から開催。

 

その他今回からの催し物として秦野高校チアリーディング部によるハイスクールチアリーディング(23日13:30〜 本町小学校)もある。こちらは今回限りなのか定期開催になるのかは不明。

第70回記念でラストの花火は2000発!

第70回たばこ祭で一番目立つであろう変更点は、祭のラスト、24日19:30から打ち上げられる花火である。神奈川県南部の自治体では花火の打ち上げ数競争が始まって久しいイメージがあるが、それにとうとう秦野市も参戦するのかと思わせる、打ち上げ玉数2000発である。これは立派に花火大会として近隣から人を呼べる規模であろう。

花火の打ち上げ地点は権現山山頂なので、盆地内あるいは小田急線の車内からでもよく見えるかもしれない。また、秦野駅〜秦野市庁舎までの水無川沿いにナイアガラ花火が設置される。これは現地の川縁などで見るとなお綺麗かもしれない。

 

記念すべき第70回、秦野たばこ祭はダイナミックになる。そして第71回から名称が秦野アルコール・タバコ・火器及び爆発物祭りに変わったりはしない。ここ強調しとかないと、でたらめな秦野情報を書くブログだということで、家にフロートが突っ込んでくるかもしれないので重要。

広告を非表示にする