秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

4月14日打上予定のいせはら芸術花火大会 運営費用足らず募金を依然受付中とのこと

伊勢原市の春の風物詩となっているのが、市民協賛型の花火大会、いせはら芸術花火大会である。伊勢原市にはかつて自治体が主催する花火大会があったのだが、予算の関係でやがて打ち上げがされなくなってしまった。そのことを惜しんだ市内の花火好き有志が協賛金・募金を募り、第一回の開催にこぎ着けたのが2009年。その時の打ち上げ場所はなんと田圃のど真ん中であったという。

その後、9年の間に休養期間などを挟みつつ6回の花火大会が開催され、今年の4月14日(土)に行われるのが第7回の大会になるという。ただ回数を重ねるにつれ、協賛や募金が得られにくくなってきたという状況のようで、昨年行われた第6回大会の実行委員長挨拶でも、運営面で苦境に立たされているとの報告があった。

hadanon.hatenablog.com

花火の募金を伊勢原市内各所&銀行振込で受付中

このままでは折角育ってきた伊勢原市の観光コンテンツが消えて、再び振り出しに戻ってしまう。伊勢原市民だけではなく、近隣の自治体住人にとっても春から花火大会を見られるというのは大変貴重なことなので、なんとかサポートをして大会の存続を願いたいところである。

そこで募金という形で支援するべきなのだろうが、どこで募金が出来るのか、伊勢原市民以外でも募金が出来るのかなどあまり周知が上手くいってないように思える。募金受付先の情報が記載されているのは、芸術花火大会公式HPの以下のページである。

ゆうちょ銀行口座番号が記載されたページ
募金・ボランティアのお願い(いせはら芸術花火大会ホームページ)
募金箱(ペットボトル製)が設置された店舗の情報
花火募金(いせはら芸術花火大会ホームページ)

情報をまとめると、大体伊勢原市内のセブンイレブンであればペットボトル製の募金箱は設置されていそうである。国道246号で伊勢原市内を通りかかった際など、ついでに寄って募金することが出来るだろう。電車の場合、小田急小田原線伊勢原駅から一番近いところでは、駅北口階段途中にある観光案内所に設置されているとのこと。勿論、市民以外による募金もOKである。

そして金銭面の支援だけではなく、大会当日・翌日片付けのボランティアも募集しているので、そちらで大会に貢献したいと考えている人はぜひ応募してみてほしい。

2018年の開催情報

最後に忘れずに、いせはら芸術花火大会の存在を初めて知ったという人向けの開催情報。会場は伊勢原市総合運動公園という公園で、伊勢原駅から七沢行きのバスで総合運動公園バス停下車。日時は4月14日(土)の19:00より打ち上げで、会場には13:00より入れる。屋台等が多数出ているが、打ち上げ直前は混み合って購入しにくい状態になるので直前組は飲食物を持参した方が良い。小雨決行、荒天の場合翌日開催。防寒装備は年によって必要だったり不要だったりとあったが、会場の風が強くなることがあるので一応持っていった方が良い。

広告を非表示にする