読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野でSEOなどしつつ神奈川県ネタブログ

秦野市でSEOしつつ、神奈川県ご当地ネタ・地域情報を書くブログ。湘南・小田急線・グルメ・温泉がマイブーム。

W杯コートジボワール戦と被った6月15日(日)の大磯市は、大磯夜市に

猫も杓子もW杯といった雰囲気。特に初戦のコートジボワール戦については試合時間が日曜の10:00からということで、猫も杓子も仕事の事を忘れてテレビの前に釘付けになるだろう。大勢の人達と応援するため、パブリックビューイングで盛り上がるのも良し。

ただ、日曜日に定期的イベントを開催しているプロモーターなどは悲惨である。イベントの会場にうまくパブリックビューイングの機材を持ち込めればまだ少しマシになるが、それができないのなら、頑迷な野球ファンぐらいしかイベントに来てくれない。そこでイベント日をずらすか、中止にするなど何かしらの対策を打つ必要が出てくる訳だ。

大磯市には夜市という仕組みがある

6月15日(日)は第三日曜日という事で、大磯町の月例イベントである大磯市もバッティングしている。しかも大磯市の場合漁港の朝市とくっついたイベントなので、開催時間が9:00〜14:00と、一番人出があるタイミングに試合が重なっている。これでは出店者としても6月の大磯市の売上が惨惨たる結果に終わってしまうことが目に見えるため、出店にはあまり乗り気になれないだろう。

けれども、他の生産者&クラフトマーケットと異なる点は、大磯市には夜市という仕組みがある点である。本来は7、8、9月の暑い時期に開催時間を夜へと動かしたものであったようだが、出店者にこの仕組みが浸透しているので、今回のバッティングも特例的に夜市にすることで回避できたようだ。出店者数も通常の開催日と変わらず。

したがって、6月15日(日)に行われる大磯市、17:00〜20:30という開催予定になっている。漁港の朝市が行われるのが9:00〜なので、朝市密着型イベントではなくなっているが、各所パブリックビューイングに参加して、祝杯(or残念杯)をあげてからの参加が可能である。

 

しかし夜市という仕組みがあるのならば、たとえば日中に別のイベントに参加した後で、大磯夜市に参加するという事も可能になるのではないだろうか。ワゴン車の飲食店など、そういうスケジュールを組むのもアリかも。

広告を非表示にする